肉体労働者がするべき副業は?目的別に種類を解説

肉体労働をしている人の中には、副業を検討している人がいると思います。その際、「とにかく稼ぎたい」「転職に繋げたい」などの目的がありますよね。

当記事では、目的別に肉体労働をしている人がするべき副業を解説するので参考にしてみてください。

副業をする目的によって業種を選択する

肉体労働をしている人が副業を検討している場合は、副業をする目的によって業種を選択しましょう。

たとえば、「とにかく稼ぎたい」「収入を増やしたい」という場合は、業種にこだわらずにできるだけ時給が高い仕事を選ぶ必要があります。

一方、異業種への転職を目指して副業をする人もいるのではないでしょうか。この場合は、時給や単価などの報酬額よりも、どのようなスキルや経験が得られるのかで仕事を選ぶ必要があります。

とにかく稼ぎたい場合

肉体労働をしている人がとにかく稼ぎたい場合は、出来れば本業の仕事に関連性のある副業を探すのがおすすめです。

調査では、本業に関連する副業の方が収入が高いことがわかっているからです。

参照:副業・兼業の現状② P7|厚生労働省

ですが、本業に関連する副業を見つけられない場合もあると思います。

その場合は、飲食店のスタッフやコンビニ店員などのサービス業が副業の収入が高い傾向にあります。

また、気軽に始めたいという場合は、Uber Eatsや出前館などのフードデリバリーが、時間や場所に捕らわれず働けるためおすすめです。

【とにかく稼ぎたい場合の副業】

  • フードデリバリー
  • 運転代行
  • 店員
  • 警備員
  • 引越し作業員
  • 倉庫内作業

スキマ時間を使って稼ぎたいなら

収入を増やすために、スマホを使ってスキマ時間にできる副業も検討しておきましょう。

【スキマ時間にできる副業】

  • ポイ活
  • クラウドソーシングのタスク
  • アンケートモニター

紹介している副業は、スキマ時間にスキルなしで働けるため、主婦や学生なども行っています。そのため、競合している人が多く単価が安い傾向になるので、収入を大きく伸ばすのは難しいかもしれません。

ですが、肉体労働をしている人で移動時間や待機時間を持て余している人は、スキマ時間を活用して収入を増やせる可能性があります。

副業を転職に繋げたい場合

肉体労働をしている人が、異業種への転職を考えている場合は、働きながらスキルを磨ける副業を検討しましょう。

異業種に転職する場合に、副業で経験した業務を実績として評価をしてもらえる可能性があるからです。

また、肉体労働をしながら副業を行っていることで、新しい環境へ挑戦する意欲を評価してもらえる場合もあります。

【転職を検討している人におすすめの副業】

  • ライター
  • 動画編集
  • テレアポ

ここで紹介している副業は、あくまで一例です。

目指す業界によっておすすめの副業は異なるため、目的の業界に近い副業を探してみてください。

稼ぐのは難しいけど転職したいならブログもおすすめ

転職を目指している場合はブログの開設もおすすめです。収入に繋げるのは難しいですが、Web業界で働くのに必要な知識を幅広く学ぶことができるからです。

特に、「WordPress」を使ったブログは、企業の導入事例が多いため、「WordPress」を使ったブログを運営している人は、転職の際に評価を受けられる可能性があります。

ただし、ブログは記事を書けばかならず稼げる訳ではありません。実際、ブログなどで収入を得ようとしている人が対象の「ひと月のアフィリエイト収入」の調査に「収入なし」と回答した人は32.6%いました。

参照:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2022年|NPO法人アフィリエイトマーケティング協会

転職も検討しているが、すぐに収入を増やす必要もあるという場合は、働いた分だけ報酬を受け取れるライターなどのフロー型の働き方を検討しましょう!

3 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。