副業webライターって未経験でも大丈夫?初心者にもわかりやすく解説!

副業やったことないんだけど、ライターって初心者でもできるの?こんな悩みを持っている方に向けて、副業でライターを経験した現役ライターが解説します!!

この記事を読んでもらえれば、初心者でも副業webライターとして活躍するイメージを掴んでもらう事ができるようになります。

ぶっちゃけ努力は必要です。

僕は寄り道ばかりしてきました、挫折もしました。それでも今はライターとして生計を立てられるくらいにはなってます。

なるべくわかりやすく解説していくので是非一緒にがんばりましょう!!

未経験・初心者が副業webライターとして稼ぐメリット3つ

副業でライターとして活動するメリットをお伝えします!

  • 好きな場所で働くことが出来る!
  • 様々な知識・スキルをつけれる
  • 転職や独立につながる

この3つについて解説です!

好きな場所で働くことが出来る!

webライターは、ネットさえ繋がればどこでも仕事が出来ますよね!

パソコンやタブレットなどを使って執筆をすることで自宅でもお気に入りの喫茶店でも、どこでも作業できちゃいます。将来は田舎に住みたいとか、旅行しながら働きたいとか、単純に満員電車が嫌だとかそんな悩みを解決できちゃうのがライターです!

様々な知識・スキルをつけれる

webライターをやればライティング能力が上がりますよね。でもそれ以外にも成長することができるんです!

例えば、SEOの知識・マーケティングに関する知識はブログを運営することで身に着けることが出来ますよね。ほかにも、webライターは依頼される記事に関して執筆を行います。必ずしも自分が詳しい事に関する仕事ばかりが出来るわけではありません。

そうすると、めっちゃ調べます。そして記事を完成させる。そう、働きながらインプットとアウトプットが出来てしまうんです!

こうやって色々な知識をつけて発信者としてのアイディアを蓄えることもできるわけです!

転職や独立につながる

かみきたもそうでしたが、副業やブログの経験から転職に繋げることが出来ました。私のプロフィールに興味持っていただけたら別記事で紹介させて頂いてるのでご一読ください。

結局未経験からの転職は、どれだけ行動したかです。その点ライターは副業しやすいですし転職前の実績を積むにはうってつけです。他にもブログで収益が立つようになれば、独立することも可能です。

実際、有名なブロガーの方たちはブログ一本で独立されていたりします。

初心者が副業ライターになるためにやるべきこと4つ

ライターとして活動するためにやっておくべきことを紹介します。

  1. ライティングについて本を読む
  2. ブログをはじめてみる
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 仕事を受注する

この4つを是非やってみてください!

ライティングについて本を読む

未経験の方であればまずは、さらっと一冊本を読んでおくことをおすすめします。

今はネットに情報がたくさんあるので、本に書いてある内容は大体ネットでも見つかります。ただし玉石混合、情報の取捨選択に時間がかかってしまいます。

本であれば必要な情報を簡潔にまとめてくれているので時短することができるし、気になった時にすぐ読み返すことも出来るので一冊は購入する事をおすすめします!

最初から複数読む必要はないです。一冊読んだら即行動に移して、体に定着させましょう!!

お好きな本でいいと思いますが、僕が読んでよかったと思う本を紹介しておきます。



ブログをはじめてみる

知識をつけたらさくっと実践してみましょう!

将来的にブログで稼ぎたいということであれば、wordpressを使ったブログ解説をおすすめします。手順もそこまで複雑ではないので、数時間で開設することが出来ますよ!

いきなり有料でやるのはなぁって方は、無料で始めれるブログでも大丈夫です。おすすめはnoteですね!SNSとシナジーがありますし、wordpressでブログを開設するってなった時にも流入を狙いやすくなるので!

ブログを始めるならアフィリエイトも視野に入れておきましょう

WordPressでブログ書くなら自分でもマネタイズを考えてみると更に実践的な練習になりますよ!

登録は無料ですし、何かしなければいけないって事もないので初心者はこの2つのサイトに登録してどんな商品があるのかだけでもチェックしてみましょう!

もしもアフィリエイト

A8.net

他にもアフィリエイトを紹介しているサイトはありますが、初心者はこの2つで十分です。ほかのサイトはこの2つのサイトに満足いく商品がなかった場合に、登録を考えましょう。

この記事もおすすめです。

初心者ブロガーにおすすめのASP(アフィリエイトサービス)を5つ紹介!

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングは、仕事を発注したい人と受注したい人を繋ぐプラットフォームですね。

ここで執筆してほしい依頼者から仕事を受注することでお金を稼ぎます。登録しないことにはライターとしてのお仕事を受けることができないですし、依頼内容を眺めることもできるのでまずは登録してみましょう。

クラウドワークス

仕事を受注する

依頼を眺めている場合ではありません!やる気のあるうちにさくっと依頼に応募してみましょう。ちなみにライターの仕事は初心者歓迎の依頼も多いです。

テンプレートや構成案などをもとに執筆というパターンも多く、そういう依頼を受注することができれば経験者から学ぶ事ができるようなものなのでラッキーです。

その代わり、競争も激しかったりするので見つけ次第応募しましょう!早く依頼できた方が受注率は高かったようながします。(かみきた調べ)

副業ライター初心者が気を付けるべきポイント

ここからは実際にライターとしてスタートを切ったみなさんに気を付けてほしい点を紹介です。

  1. 文字単価は考えて依頼を受ける
  2. すぐには稼げるようにならない
  3. 丁寧で迅速に対応する
  4. コンプライアンスに気を付ける

文字単価は考えて依頼を受ける

クラウドソーシングは基本的に文字単価での依頼です。

最初のころは稼ぐより、実績をつけることが大事なのでそこまで気にしなくてもいいです。

しかし稼ぐためには文字単価を上げる必要があります。ある程度の実績をつけたら、文字単価1円以上の依頼に提案するようにしていきましょう。

すぐには稼げるようにはならない

前述したとおり最初のころは文字単価よりも、実績を積む事が必要です。

クラウドソーシングは大体のサービスで依頼の達成率や件数などで評価されます。文字単価の高い依頼を受注するために、下積み期間が必要になる場合が多いことは覚えておいてください。

丁寧で迅速な対応をする

クラウドソーシングで依頼者とやり取りする場合は、対応のスピードが大事です。

依頼を受けたにもかかわらず音信不通になるケースも珍しくなく、あまり返信までに時間をおいてしまうと信頼関係を気づけなくなってしまいます。

本業があるとは思いますが、依頼者とのやり取りは丁寧・迅速を心がけましょう。

コンプライアンスに気を付ける

これは当たり前のことではありますが、無断転載を行わない・他記事からのコピペをしないなどです。

コピペなどを確認するツールを使用している発注者も多いので、すぐにばれて信頼を失ってしまいます。そうなっては受注することも難しくなってしまい、結局いい事がありません。

コンプライアンスを守って記事の執筆を行いましょう!

まとめ

初心者が副業ライターとして活動するのは簡単ではありません。

実際かみきたもかなりの提案を重ねてきました。受注率も悪く挫折したこともあります。それでも今回解説した内容を意識し実践することで今ではライターになる事が出来ました。継続すれば必ずできるようになる仕事です。

まずは最初の一歩がんばりましょう!!