MetaMaskにBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法を解説

Metamask-BSC

Binance(バイナンス)からMetaMask(メタマスク)に送金する際などに活用する、BSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法を解説します。

始める前に必要な条件

この記事は次の条件が揃っている前提で進めます。

  • PCを使っている
  • MetaMaskのインストールが終了している

まだ、MetaMaskのインストールが終了していない人はこの記事を参考にしてみてください。

MetaMask(メタマスク)を登録する方法を画像付きで解説【PC版】

MetaMaskにBSCを追加する

BSC(バイナンススマートチェーン)を追加する手順を解説します。

  1. MetaMaskを開いて『ネットワークを追加』を選択する
  2. ネットワーク設定を入力して『保存』する

手順はこの2つだけです。解説していきます。

MetaMaskを開いてネットワークを追加を選択する

MetaMaskのネットワーク追加をおこないます。

『ネットワークの追加』は今回紹介するBSC以外にも、MATICなど様々なネットワークを追加する手順と同じなので覚えておいてください!

では解説します!

MetaMaskを開きます。

開くのはどこからでも大丈夫ですが、GoogleChromeの拡張機能から開くのが便利です。

MetaMaskを開いたら『イーサリアム メインネット』と記載された部分をクリックします。

『イーサリアムメインネット』は、人によって表示されている名前が異なる場合があります。その際も、画像青枠の位置をクリックすれば大丈夫です。

『ネットワークの追加』をクリックします。

ネットワーク設定を入力して『保存』する

次はBSCのネットワーク情報を入力してメタマスクに追加していきます。

今回はBSCを紹介していますが、ネットワークの情報を変えれば、MATICなどその他のネットワークを追加することも可能です。

解説します。

ネットワークの情報を入力します。

次の内容を入力してください。

入力内容

ネットワーク名:Binance Smart Chain

新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/

チェーンID  : 56

シンボル: BNB

ブロックエクスプローラーURL: https://bscscan.com

参考:Binance Academy

ここの内容をMATICなど、追加したい情報に変えれば他のネットワークを追加することもできます。

※ネットワーク名はわかりやすく『 Binance Smart Chain 』にしていますがお好みでどうぞ。

入力内容を確認して『保存』をクリックします。

入力内容を確認して『保存』をクリックします。

追加されていることを確認する

メタマスクのネットワークに、追加した『 Binance Smart Chain 』が表示されていれば追加成功です。

以上でメタマスクにBSCを追加する手順は終了です。

このネットワークにBinanceで購入したBNBなどを送金して、DeFiで運用などに活用することができるようになります。

まだ、DeFiにチャレンジしたことがない人は次の記事を参考にしてみてください。

PancakeSwapでファーミング(流動性の追加)する方法を解説